求職中の薬剤師さんへのメッセージ

働き方について

健歩薬局では、良い医療サービスを提供するには良い職場環境を作ることが重要であると考えております。

事務員やパート薬剤師を含め職員全員に1人1台i-padの支給、欠席者でも連絡が伝わるように朝礼を廃止しLINEワークス(チャットアプリ)を利用した情報伝達、電子薬歴の導入、全自動分包機の導入、タイムカードを廃止し残業が自動で計算されるICカードでの勤怠管理などIT化を進めてなるべく薬剤師が薬剤師としての業務に集中できる環境整備に努めています。

また、薬剤師一人当たりの残業は1か月あたり4時間くらいと比較的多くないため、毎日残業で遅くまで残るということもありません。

薬剤師として、医師の処方を確認して患者さんの生活を豊かにするような仕事をしていきたいと考えている方のご応募をお待ちしております。

応需する処方箋の主な診療科について

目の前のしのぶ病院からの内科・整形外科・腎臓内科(透析)、さとう眼科、お近くのあづま脳神経外科の脳外科・循環器科を中心にお受けしております。

それ以外にも済生会福島病院の泌尿器科や福島県立医科大学の乳腺外科・血液内科、福島赤十字病院病院外科などからの処方で抗がん剤の調剤をするなど幅広い診療科のお薬を取扱いしております。

様々な病気に対する薬物治療を幅広く勉強していきたい方には非常に良い環境であると考えております。

そのほかにも、特別養護老人ホーム(入所者定員約80名)の調剤を担当していた李、在宅訪問として月に10件ほど担当させていただいております。

調剤や服薬指導にとどまらず、施設での医師往診の同行、在宅患者さんへのかかわりなど薬局薬剤師として幅広い仕事に興味がある方は一度見に来てください!

学習体制について

薬剤師は生涯学習が求められています。

健歩薬局では、薬剤師会の年会費半額補助に加え、薬剤師会主催講演会の受講料補助、e-ラーニングによる学習の費用補助、学会参加の補助などご用意しております。

最後に

患者さんからのメッセージにも書かせていただきましたが、薬剤師は患者さんが病院で聞きずらかったことを薬の観点から説明することで治療を前向きに進めることができると考えております。

患者さんの生活を豊かにするため、薬剤師としての知識・技量を発揮したい人のご応募をお待ちしております!

次の記事

薬局の設備紹介